サマーキャンプ(ジュニア)

親元を離れて、自分達だけでの生活。あえて不自由な環境下で様々な体験をしてもらうのが、このキャンプの目的ですが、ジュニアの子ども達は苦労をしながらも、一つ一つの事をしっかりとやりきり、楽しむことも忘れず無事に2泊3日を乗り越えてくれました。いつもはつい甘えてしまう事も、全て自分の力でやりきらなければなりません。それは何も大げさな事ではなく、『歯を磨く・着替えを準備する・片付ける・整理整頓をする・トイレで用を足す・食事を残さず食べる…等など』日常にあふれている、様々な事です。

時には涙を見せ、お母さんを思い出して泣いてしまっている子も中にはおりましたが、それはほんの一時で、殆どの時間を、クラスの仲間や先生達と楽しく過ごし、前向きに臨んでいる姿が多く見られました。

3日間とも雨が心配されましたが、子ども達が外に出るタイミングで雨がやみ、たくさん外で遊ぶ事が出来ました。

残念ながら新型コロナウイルスの関係で、例年行っているキャンプファイヤーは出来ませんでしたが、各園でお楽しみ会を行ない、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

次のお泊りは、スキーキャンプです。次は更に自信を持って、胸を張って参加してもらいたいと思います。キャンプは終わりましたが、お家でも”自分のできる事は自分でする!”を是非継続していただければと思います。

スポーツデイ

6月18日に体操の授業参観が開催されました。この行事は父の日のプレゼントとして、『お父さん、お母さんにかっこいい姿を見せるんだ!』という子ども達の想いで始まりました。例年、スポーツデイという形で、【体操の授業・ダンス・親子体操・プレゼント渡し】等行っていましたが、今年は新型コロナウイルスの関係で、ダンスや親子体操が中止となってしまったり、例年通りとはいきませんでしたが、子ども達の普段頑張っている姿!!はお見せできたのではないかなと思います。公開授業では、セミジュニアさんも自分たちの力で最後まで頑張り抜きました。ジュニアさんはマット運動を中心に、V字バランスやブリッジ、前転など、セミジュニアの頃とは違う姿が見られました。ミドルさんは走り幅跳びというテーマで、とにかく走る・跳ぶを繰り返し反復練習、運動量の多い中でも、へっちゃらな顔をしていてました。シニアさんはポートボールを行い、幼児とは思えない程のもの凄いボールへの執着心で、とても一生懸命な姿を見せてくれました。40分という短い時間でしたが、最後まで応援して頂き、本当に有難うございます。子ども達からのプレゼント大切にしてくださいね!秋に行う運動会では、今日よりも更に成長した姿をご覧いただけると思いますので、楽しみにしていて下さい!

卒園式【江東バディ】

卒園式【江東バディ】

3月13日江東バディの卒園式が行われました。

素晴らしい晴天の中、園児達はとても元気に登園してきてくれました。

今年も101名の子ども達が江東バディから旅立って行きました。

現在の情勢から、園児のみの卒園式となってはしまいましたが、みんな笑顔で卒園していきました。

バディで学んだことに自信をもって小学校でも頑張ってもらいたいと思います。

卒園おめでとうございます!!

作品展示会

今年の作品展のテーマは『絵本』。各クラスで決めた、絵本を作品で表現しました。クラス内では、何度も絵本を読んで、どんな物が出てくるのかな?何を作ろうかな?と皆んなで考えて作品作りに取り組んで来ました。

セミジュニアさんは初めての作品展…!先生と一緒に楽しく作品を作る事が、出来ました。ジュニアさんは、先生のお手本を見ながら、少し難しい事も時間をかけながらじっくりと取り組む姿が見られました。

そして、ミドル、シニアさんになると作品数も増えて、1つ1つのクオリティーも上がり、さらなる創意工夫を凝らした作品が、出来上がりました!来場された方も作品を見て、子ども達の1年間の成長が感じられたのではないかと思います。

キッザニア【職業体験】

ジュニアさん・セミジュニアさんが、キッザニアに職業体験学習に行ってきました。
可愛らしいコスチュームに真剣な眼差しで”お仕事”に取り組んでる姿は、本当にかわいいですね。みんなは将来どんな職業に就くのかなー!?

サッカー大会

2月4日、南豊ヶ岡フィールドでシニアのサッカー大会が実施されました。

雨で延期にはなりましたが、子供達はどの子も最後までボールを追いかけ、仲間同士声を掛け合い、一生懸命に頑張る姿を見せてくれました。

負けて涙を流す子もたくさんいましたが、きっとその悔しさが、自分を大きく成長させてくれる力になるはずです。

保護者の皆様の熱い応援も有難う御座いました!!

サッカー大会(ミドル)

2020.1.24 in 豊洲バディグラウンド(ミドルサッカー大会 江東&豊洲&有明バディ)

日頃から練習してきたサッカーを、園対抗で競い合いました。どの園の子も、チーム一丸となり仲間と協力し、ボールを追いかけました。

サッカーは勝負事なので、勝つチームもあれば負けるチームもあります。その中でも優勝できるチームは1チームのみに限られ、その他のチームは全て負けを経験します。

優勝したチームは、本当によく頑張ったと思いますし、英雄体験や達成感を十分に味わう事が出来たことと思います。また、優勝できなかったチームも、悔しい思いをしたと思いますが、その悔しいと感じる気持ちが、必ず次の一歩に繋がる筈です。

本当に頑張った時には、本当の意味の悔しい思いも嬉しい思いも味わえ、いい加減な気持ちで臨んだ時には、その様な反省は残りません。子ども達には、目の前のやるべきことに対して、これからも全力で向かってもらいたいと思います。それができれば、これからの人生でどれだけ役に立つことか。

悔し涙を流している子もおりましたが、全員によく頑張ったと褒めてあげたいと思います。

保護者の皆様、熱い応援とご声援は、しっかりと一人一人に届いていました!皆様ありがとうございました!

徒歩遠足

11月20日(水) 江東園の徒歩遠足が行われました。

遠足日和の天候のなか江東バディのミドルさんとシニアさんが江東バディから豊洲公園まで約4キロの道のりを弱音一つ吐かずに元気一杯歩きました。

歩いた後は美味しいお昼ごはん!皆とても美味しそうに食べた後は、とても楽しそうに遊んでいました。

自分の足で歩くという事はとても大事な事です。これからも、たくさん歩いたり走ったりして元気な体を作りましょう。

ワッショイ深川柔道まつり

11月17日(日)に江東区スポーツ会館にてワッショイ深川柔道まつりが行われました。
シニア、小学生合わせて34名が出場しました。

勝った選手も負けて悔しい思いをした選手も、それぞれ課題が残りましたが、他の道場の先生方からバディの選手はみんな元気で活気があるとお褒めを頂きました!

また、団体戦にも出場をしました。バディの代表として堂々と戦ってくれました。

柔道クラブも人数が増え、今大会も34名という大人数が参加をし、大きく成長してきたなと改めて感じました。
柔道を少しでも知ってくれたり好きになってくれる子ども達がどんどん増えてくれることにとても嬉しく思います。
これからも柔道を通して、色々な経験や色々なことを学んでほしいと思います。

スケート実習

11月11日(月)12日(火)14日(木)に、神宮スケート場にて、江東園のシニア、ミドルの子ども達がスケートに行ってきました。

初めてのスケートに最初は、苦戦していたミドルさん達も30分ほどで、リンクをなな廻れるようになりました。また、技術の向上を目指すシニアさんは、滑る感覚を身につけ、歩く、走る動作ではなく、滑って体重を移動させる練習を中心に行いました。

各学年の2日目は、滑るコツを少しわかってきた子供達が少しずつ歩くから滑るに変わり始めている子も出てきました。