文化部発表会

11月15日(日)に江戸川区総合文化センターで文化部発表会が行われました。

子ども達はいつもの制服とは違い、素敵な衣装に身を包み、少し緊張した表情で演奏を行っていました。

成功した子もいれば、失敗した子もいると思いますが、全て経験です。来年の発表会に向け、今後も日々の練習を積み重ねてほしいと思います。

また、最後にヴァイオリン講師の先生も演奏を行ってくれました。普段教えてくれている先生の演奏に子ども達も大興奮!!先生の素晴らしい演奏も是非お聞きください。

【ピアノの部】
https://youtu.be/2fVWgxOIS2s

【ヴァイオリンの部】
https://youtu.be/TFKKnoj3CxM

【ヴァイオリン講師演奏】
https://youtu.be/Gv36-yBxbbQ

千歳飴制作

1115七五三に合わせて、千歳飴の袋の製作を行いました。

千歳飴の「千歳」という言葉は、長寿やおめでたいことをイメージさせるとても縁起の良い言葉です。

「長い千歳飴を食べて、健康ですくすく育ち千歳まで生きられますように」という思いのこもった千歳飴

これからもみんなが健康で明るく楽しく過ごせますように!!

千人組体操

11月7日(土)味の素スタジアムにて全園のミドルシニアが参加する1000人組体操が行われました。
全園児で行う組体操は、とても迫力がありました。

運動会ではやらなかった、6人ピラミッドの練習を子供たちは当日まで集中して取り組んでいたので、しっかりとしたカッコいいピラミッドをたてる事ができました。

たくさんの観客の中での組体操は、子供たちにとって素晴らしい経験になったと思います。

よく頑張りました!!!!!

さつまいも掘り(シニア&ホープ)

10月28日に江東園の子ども達がとても良い天気の中さつまいも堀りに行ってきました。

例年にないほどとても大きなさつまいもに子ども達は大興奮!!自分の顔と同じくらいの大きさのさつまいもを持って見せに来てくれました。子ども達はとても楽しそうに掘っていました。

延期になってしまいましたが、無事に三日間終える事が出来ました。

お手伝い頂いた保護者の皆さまご協力ありがとうございました。

シニアスポーツフェスタ

10月24日、シニアの全園合同行事である「スポーツフェスタ」が大西学園多摩川グラウンドにて開催されました。
世田谷・江東・豊洲・はるひ野・八王子東・有明の6園が、運動会で披露したダンスや組体操、かけっこやリレーを披露しました。まさにバディの凄さがここに凝縮されたといった感じでした。

各園の個性もしっかりと表現されており、今回の成果を経て、また現在のミドルさんがさらなる成長を見せてくれることを楽しみにしています!

最後に行われたリレーでは、声援ができない為、大きな拍手で応援をしてもらいました。結果は見事に江東バディ初優勝!

 スポーツを通して、皆が一つになれる、この経験は今後の子供達にとって、大きな力になることでしょう!今後も卒園式まで、走り抜けてほしいですね。

さつまいも掘り(ジュニア、ミドル、セミジュニア【ドリーム&フューチャー】)

10月21日、22日に江東園の子ども達がとても良い天気の中さつまいも堀りに行ってきました。

例年にないほどとても大きなさつまいもに子ども達は大興奮!!自分の顔と同じくらいの大きさのさつまいもを持って見せに来てくれました。子ども達はとても楽しそうに掘っていました。

来週はシニアさんとセミジュニア【ホープ】さんが行きます。晴れてくれると良いですね!!

運動会(ミドル、ジュニア、セミジュニア)

10月13日に、ミドル以下の学年の運動会が開催されました。

日曜とは変わり秋晴れの中子ども達はこれまで頑張れってきた練習の成果をじゅうぶんに発揮できたのではないかと思います。

今年度は新型コロナウイルスの関係で、学年ごとの開催にはなってしまいましたが、保護者の皆様の前で行う本番!!はかけがえのない成功体験だと思います。

色々とご協力頂きありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

運動会

10月11日にシニア(年長)さんの運動会が有明バディにて開催されました。

本来であれば、全学年で行う予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、学年ごとの開催に今年度は変更致しました。

雨が心配されましたが、子ども達の元気なパワーで雲も吹き飛んで、最後は晴れ間が見えて最高の運動会日和でした

このあとも、いろいろな行事ありますが、最後まで走り抜けてほしいと思います。

運動会に向けて

運動会まで残り少ない日数ですが、みんな元気いっぱい頑張っています。

現在台風が近づいていますが、当日できる事を信じて準備は進めます。

サマーキャンプ(ジュニア)

親元を離れて、自分達だけでの生活。あえて不自由な環境下で様々な体験をしてもらうのが、このキャンプの目的ですが、ジュニアの子ども達は苦労をしながらも、一つ一つの事をしっかりとやりきり、楽しむことも忘れず無事に2泊3日を乗り越えてくれました。いつもはつい甘えてしまう事も、全て自分の力でやりきらなければなりません。それは何も大げさな事ではなく、『歯を磨く・着替えを準備する・片付ける・整理整頓をする・トイレで用を足す・食事を残さず食べる…等など』日常にあふれている、様々な事です。

時には涙を見せ、お母さんを思い出して泣いてしまっている子も中にはおりましたが、それはほんの一時で、殆どの時間を、クラスの仲間や先生達と楽しく過ごし、前向きに臨んでいる姿が多く見られました。

3日間とも雨が心配されましたが、子ども達が外に出るタイミングで雨がやみ、たくさん外で遊ぶ事が出来ました。

残念ながら新型コロナウイルスの関係で、例年行っているキャンプファイヤーは出来ませんでしたが、各園でお楽しみ会を行ない、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

次のお泊りは、スキーキャンプです。次は更に自信を持って、胸を張って参加してもらいたいと思います。キャンプは終わりましたが、お家でも”自分のできる事は自分でする!”を是非継続していただければと思います。